バーコードの下四桁で探す

商品キーワードから探す

商品シリーズから探す

  • BERG EARTH 会社情報ページはこちら
  • ベルグアース商品カタログ

べるミンについて

店頭展示用

例えば大玉トマトの場合、最初の実が500円玉くらいの大きさになったところで追肥を始めましょう!

店頭展示用

1つのプランターに何株も植えると、栄養の奪い合いになり、日光も充分に当たらないためかえって全体の収穫量が落ちてしまいます。果菜類であれば、大きなコンテナや鉢に2本まで。できれば、本植えで大きな株に仕立てた方が長い間しっかりと収穫を楽しめます。

店頭展示用

「もっと大きくしてから収穫しよう」として、株に長い間実を付けたままにするのは厳禁!樹が疲れてしまい、その後の着果が続かなくなります。特にキュウリやナス等は、ある程度の大きさになったら「少し小さいかも?」くらいでドンドン収穫した方が味も良く、次々と着果して結果収量も上がります。

店頭展示用

接ぎ木苗とは、美味しく実のなる植物(穂木)と病気などに強い植物(台木)とを接合した苗のこと。本来は穂木が成長しなければなりません。しかし台木の生命力の方が強いため、放っておくと台木の脇芽がどんどん出てきます。そのため台木から出てきたわき芽は取り除きましょう。

店頭展示用

接ぎ木苗の接ぎ目部分を絶対に埋めないようにしましょう。接ぎ目部分を土に埋めると穂木から根が生えてきてしまい、台木の意味がなくなってしまいます。接ぎ木の最大の力を引き出すためにも、接ぎ目を埋めないようにしましょう。

店頭展示用

野菜は土の中で根を広げ養分や水分を吸収するので、土がたっぷり入る深さのある容器を選びましょう。しかし、小さい容器でも育てられる小型の野菜もあるので作る野菜に合わせた容器を選びましょう。

店頭展示用

茎の太さが1㎝以上育ったタマネギが寒い環境に置かれると、花芽の分化が促進され、春になると、とう立ちしやすくなります。とう立ちすると、花茎に栄養がいくため球が肥大しなくなります。そのため品種によって適期に植えましょう。

店頭展示用

風通しが悪いと、プランター内が蒸れて外注や病気が発生しやすくなります。そのため風通しの良いところに置きましょう。

店頭展示用

すくすくと育っている植物を「ポキッ」と折ってしまうのは、慣れない時はとても抵抗があります。・・・ですが、いつまでも茎が伸び続けると上手く実がつきません。株がある程度しっかりと育ったら、勇気を出して摘芯(生長点を取る)して樹勢を調整しましょう!

店頭展示用

ワラは保温にも役立ちますが、暑い時期にも株元や株周辺にぜひ「敷きワラ」をしましょう!直射日光による地温の急上昇を和らげ、株元の水分の蒸散も適度に保ってくれるため、根っこが暑さでバテてしまうのを防ぎます。最近は色々な遮光資材がありますが、天然素材の代表「ワラ」もシンプルながらとても万能です。

店頭展示用

便利で手軽なプランター栽培は、今や家庭菜園にはなくてはならないもの!でも、定植してから時間が経つと、だんだんと土が硬くなってきます。根が詰まってくると地上部も弱ってきますので、時々少し太めの棒をブスブスと挿し込んで適度に「古い根を切る&土中に新鮮な空気を送る」作業をしましょう(穴は開いたままで大丈夫です)!

店頭展示用

生育期のキュウリはとても生長が早く、茎も葉もどんどん生長します。そうした中、特に下の方の古い葉は次々に枯れていきますが、これが正常な生長です。古い葉を付けたままにしておいても、風通しが悪くなって病気が発生しやすくなったりしますので、新しい葉や茎が出ている間は怖がらずに古くなった葉はどんどん取ってあげる方が逆に生長を促進します。

店頭展示用

フルーツのように甘~いトマトを作りたい!というのは、トマトを栽培する人ならだれでも思うことですよね。ズバリ、一番の近道は「屋根を付ける」ことです!「雨除け栽培」という作り方で、日光は通す透明ビニールの屋根の下で栽培します。最近はホームセンター等で雨除け栽培用の支柱が売られていますので、是非チャレンジしてみてください!